星から来たアイツ①~初めての学生コン~

 

こんばんは。

つい最近本命のサブカルくんに敗れメンタルがブロークンしているコマ子でございます。

でも、たぶんもう少し経てばサブカルくんのこともブログに書くと思うし、

恋活しんどいときは、これもいつかはブログに書くんだろうなあと客観視できるのでブログ書くのおススメです。

今回は都会の学生限定街コンにいった話を書きました。

 

______________________________________________________________________

 

「コマ子ちゃん、女がタダの街コンがあるらしいよ」

 

同じ学部の、めちゃ強い系アジアンビューティな友人(以下リカちゃん)にそう言われたのは、初めての街コンでの疲労がやっと癒えた大学3年生の夏。

 

「えっ、リカちゃんイケメンの彼氏が「ちょっと最近アイツにむしゃくしゃしてんねんええやろ」

 「うん・・・よろこんでーーーーーーー!!!!!」

 

内心、女がタダの街コンに興味深々なのに、リカちゃんに無理やり連れて行かれる感じにした私は卑怯だったと思う、ちび○子ちゃんの藤木も真っ青の卑怯さである。

 

 

こんな感じで、彼氏がいるのに街コンに参加する最高にビューティーで最高にクレイジーな友人と、2か月ぶりで人生で2回目の街コンに行くことになった。

 

その街コンとは、私の地元・・・・ではなく、大学がある都会の街コンだった。

 

なおかつ学生限定で女がタダなのである。タダほど高いものはない。うまくいかなくても、冷やかしだったしい~♡という態度をとれるというメリットがある。

 

卑怯に卑怯を重ねる思考を携えいよいよ街コン当日になった。

 

「「ここか・・・・・・・・・」」

 

たどり着いたのは駅前のビルの小奇麗な一室。

入ると受付で

・自分の番号札

・プロフィールを書き入れる用紙

・相手の情報をメモする用紙

・印象確認カード(良いなと思った相手の番号に○を付け、途中で回収され、返された時に蛍光ペンで印がしてある番号は相手から良いなと思われているしるし)

・最終投票カード(最終的に良いと思った相手を第一希望から第8希望まで記入し運営側に渡す)

を渡された。

この時点で私たちは思った。

 

これが、噂に聞く、あのシステム・・・・!!!!

(このシステムだけでどの街コンかわかりそうです)

 

ちょっとテンションが上がった。

 

中にはいると男女向かい合わせになるテーブルが20席くらい置いてあった。

自分の番号の席に座る。まだ、私の向かいの席の男子は来ていない。

「どんな人なんだろう・・・♡」

私の心は躍っていた。

 

しばらくして続々と女子が入ってきた。

「うそやん・・・皆普通にイケてる系やん!!!!!!!!かわいい!!!ビジン!!!!出会いあるやろ!!!!!!」

私の心は死んでいた。

多分この中では私が一番イケてない女子で、リカちゃんが一番イケてる女子である。

 

そして私の前に最初に座る男子が来た。

「うそやん・・・・普通にさわやかな男子やん・・・・すごい学生街コン・・・・」

私の心は再び躍った。

 

 

メンバーがそろった頃、運営が説明してくれたことには

①プロフィールをお互い交換し3分話すというのをまわしていく

②メモをもとに印象確認カードを記入

③返ってきた印象確認カードを参考にしつつ、フリータイムで好きな相手3人と話す

 

「あれやん・・・有名な・・・・・お見合い大作戦やん・・・・・・!!!!!!」

私は完全にアレの参加者の気分だった。

 

 

「では、よーーい、スター―ト!!!!!」

 

司会者の掛け声とともに恋活回転寿司が回り始めた。

私は馬鹿みたいにうきうきしていたが戦いの火ぶたは切られていた。

 

 

______________________________________________________________________

 

次の更新で街コン本題に入ります。

なんかいつも更新水曜日になるなんでや・・・

週の折り返しですね、梅雨の暑さに負けずがんばりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての街コンで自損事故を起こした話②

最近、本命の方からの反応が脈なさすぎでメンがヘラ―なコマ子です

メンがヘラるのを少しでも紛らわせるため自損事故の続きを書きました

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

街コンで親友のプチ裏切りに合い、地獄のカラオケを味わった私はヤケクソで

28歳地元の公務員にLINEをしていた

 

そこからの私の行動は早かった、まずはお酒の話に持ち込んだ

 

私「今日の街コン、緊張して全然お酒飲めなかったです笑」

公務員「お酒好きなの?」

私「はい!でもまだあんまりお店とか知らなくて、全然飲みに行ってません・・・良いとこあったら教えてください!」

公務員「僕でよかったらいつでもご案内しますよ!」

 

っしゃーーーーーー!!!!

我ながらデートしたことないとは思えないほどのしなやかさで飲みに誘っていた、ヤケクソの力は怖い

 

そして、飲み当日

死にたい怖い恥ずかしい死にたい怖い恥ずかしい・・・

そう、待ち合わせの場所で私は我に帰ってしまっていた、もう正気だった

やはりデートしたことない20歳は、デートしたことない20歳だった

正直、待ち合わせに公務員には来てほしくなかった

 

「お待たせ!」

 

まあ来るよね!

 

普通に合流し、普通に店に入り、普通に飲み始めた

普通に当時20歳の私からしたら28歳公務員は人生の先輩だし、先輩後輩のような会話をしていた、可もなく不可もない空気である

 

しかし、恋愛関係の話になったきたとき私は気付いたのである

 

「コマ子ちゃん、焦ってるの?絶対同年齢の男子と付き合うのが良いよ」

「僕、30までに結婚したくて24歳くらいの子と結婚したいんですよね~」

 

もしかして・・世に言う牽制をかけられている

というか絶対かけられている、タイプでもない男性に掛けられている

 

ええい!牽制返しじゃ~~~!!!!!!!!!

「私、23くらいの人がベストかな~って思ってます♡」

 

 

こうして異様な不自然さを醸し出したのち、ほぼ初めてといっていいデートは終わった

公務員はおごってくれたし、多分良い人だった

 

お礼のLINEを送ったら

「コマ子ちゃん、焦らずがんばってね!」と返って来ていた

 

2年後には結婚したいと必死に街コン行っているあなたにもそっくり返しますね

という言葉は飲み込み、

「はい!♡」

と送ったのち、謎の忍者スタンプを送っておいた、最後の狙ってませんでしたアピールである

f:id:kojirase22:20170617003333p:plain

 

このように私の初デートは、ヤケクソになりタイプでもない人を誘い、牽制し合って終わるという自損事故で終わったのであった

 

でも今振りかえって思うと、20歳は恋愛対象に入らないが、デートに誘われ一応行っておごったけど、それとなく牽制したら牽制し返され、変な忍者スタンプで終わられた公務員に申し訳なさを感じている

 

そのデートから2年たったこの春に公務員から2年ぶりにLINEが来た

「彼氏できましたか?僕はまだ独り身です・・・良かったら合コンしましょう!」

気まずすぎてお断りしました

お互い頑張りましょう・・・・

 

--------------------------------------------------------------------------------------

~自損事故デートでの反省~

・ヤケクソでタイプでもない人を誘わない

・男性は女性から誘われたら一応乗ることもあるが牽制されたりもするからヤケクソで誘ったりはほんとうにダメ

 

 

これを胸に私は次なる恋活に繰り出すのであった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての街コンで自損事故を起こした話①

「ちょっとマジでやばいから街コンいかへん?」

 

高校からの親友にそう誘われたのは大学三年生,私が大学3年生の春,20歳のことでした。

十代を彼氏いない歴=年齢で終えてしまったことに大きな大きな焦りを感じていた私は二つ返事で行くことに。

 

参加することにしたのは,大学の近くの都会の街コン♡......ではなく,

地元の田舎の20代限定街コンでした。

 

 

満を持して当日,なんと友人....

「ごめん,喋れる自信がないからコマ子喋って」

 

うそやろ!!!!!誘ってきたん自分やん!!!!!!!

そしてテーブルに着くとなんと・・・・

明らかにかなり年上のお兄様方(控えめに言ってやばい感じ)(人さまのこと言えないけど)が5人そして,女性は私たち2人・・・・

ん?5対2?!?!?!

 

こうして私は年齢幅約5~10歳は年上のまったく話をしようとしない男性,20歳とか子供じゃんと嫌な感じの男性,チャラオジなどの5人を相手に,一人で会話をリードするはめに,何だこの地獄は!!!!!!!!!!

我ながら二十歳になったばかりのいたいけな女子大生が,何故こんな営業みたいにぺらぺらぺらぺらと話しているのだと正直泣きたかった。

 

そして何度かのテーブルチェンジの後,

同席になったのは,当時22歳コミュ力抜群ブサメンさん,その後輩ベイマックス

この二人は一番年が近いというのもあったし,ブサメンさんのものすごいコミュ力によってその日はじめての盛り上がりを見せていた。

 

しかし,迫りくる終了時刻,私は正直帰りたかった。・・・が,「このあと4人でカラオケいかへん?」と提案してきた。

「あ,でも電車の時刻があ「いきますう♡」」

君,さっきまで全然話してんかったやん・・・そう,友人の裏切りにあったのである。

裏切られたといえど,親友,付いていかないということなんてできるわけがなかった。

この選択はかなりの間違いであった。

 

カラオケに入るとかなり狭い個室で,ベイマックス・私・友人・ブサメンさんの順で座ったのだが,ここにきてわたしは察知してしまった。

 

ブサメンさんは友人狙い!!!!!

 

私が歌っている間は完全に歌なんて聞かず,友人を口説き,友人がうたっているときはウットリと聞いてやがる。そして友人もまんざらでもない。ベイマックスは気を利かせてくれたのか口説いてくる。

何だこの地獄は!!!!!!!!!!!

 

帰りには,友人には疲れたせいかな♡と言っておいたが,

裏切りと,私には何もなかったという自分勝手なひがみとで涙が出ていた。

 

私の手は,帰りの電車で,街コンで出会った,うちの近くの役場で働いている28歳公務員(唯一まともな程度でまったくタイプではなかった)にラインを送っていた。

 

 

私はヤケクソだった。

 

次回,この人相手に本当に自損事故を起こします。

 

 

 

はじめまして、恋活してます

こんばんは


正真正銘の、彼氏いたことない = 年齢

でございます。

22歳でございます。コマ子、と申します


人によっては若いと言っていただけたり

ゆとりが(笑)と言われたりする年齢です


顔は、パッとはしてません


そして恋活歴はなんと…

3年目突入!!!!!!!yeah

婚活じゃなくて恋活なのにこんなにかかってる!!!!!!yeah


いまは、大学を卒業してあるものを目指すためにまだ学生の身なのですが

なんと大学3年生のころから恋活をしていました


大学3年生では街コンに4回、合コンに2回

大学4年生では街コン一回、夏頃からアプリを使い始め、1年足らずで男性15人以上に会いました

これを詳しく書くと長いのですが、

その結果、まだ彼氏はおりません



私の恋活をいつも叱咤激励してくれる、ゲキ強系美女友人に

「コマ子ちゃん、それだけ男性と会っていろいろあったのに彼氏いたことないのを更新しつづけるの、もはや強い」

「コマ子ちゃんに問題があるとしか思えない」

といわしめた女でございます。


コマ子ちゃんに問題があるとしかおもえない

コマ子ちゃんに問題があるとしかおもえない

コマ子ちゃんに…



この言葉は刺さりますね

家で正直泣きました


でも  確かに!!とは思っちゃって…


っていうのと、

15人以上と会っといて記録残さないのもったいなくない?!?という急なケチ心から


このブログにおいては、

私が出会って、なんやかやんやあったり

なんやかんやなかった男性を1人づつ振り返り、1人づつ反省点を見つけていく

という目標を掲げます



週の折り返し地点ですね

明日からちょくちょく更新していこうとおもいます



おやすみなさいませ